[2015年03月14日]

女の過去推しはかりゐて白魚食ふ

横山白紅(1899〜1983)

白魚が春の季語。しらを、白魚捕、白魚汲む、白魚網、白魚舟、白魚火、白魚汁、白魚飯なども同意の季語です。
シラウオ科に属する細長い小魚。小さな腸や卵が透けて見え、腹部には小さな黒色点が2列に並んでいます。墨を一滴落としたような黒い目が
可愛らしく映ります。汽水域や湾の内側にすみ、春になると川や湖に上ってきます。白魚は潮に乗って河口に入り、引き潮に引かれて海に戻ることを繰り返しながら上流に産卵場に着きます。踊り食いのほかに、酢の物、てんぷら、吸い物、卵とじ、白魚飯などたくさんの料理法があります。
この句は、白魚と同じように、清澄、至純、無垢と見せていても、女性の本性はわかりませんよ、と言っているようです。
今日は、ホワイトディー。連れ合いにミルクチョコひとつ。
作者よこやま・はっこうの紹介は、2005年1月12日を参照。
(出典:高橋 治著「句の菜滋記」、朝日新聞社、1995年刊)
・21日から第87回選抜高校野球が始まります。神奈川県からは1校も出場していません。去年もそうでした。全体に各校のレベルがダウンしているからでしょうね。

投稿者 m-staff : 2015年03月14日 10:08

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://yasumasa.jp/nmt/mt-tb.cgi/5110