[2015年03月20日]

菫越して小さき風や渡りけり

篠原温亭(1872〜1926)

菫が春の季語。菫草、相撲取草、花菫、菫野、壺菫、姫菫、小菫なども同意の季語です。
よく菫と三色菫(さんしきすみれ)を間違えてしまいます。いまマンションの花壇に咲いているのがパンジーと呼ぶ三色菫。日当たりの良い明るいところに生えますね。3月〜4月にかけて濃い紫色の目立ちやすい菫色の花を開きます。
この句には、上品で雅趣があります。「や」の使い方に作者の細心の心遣いがあります。
この本の編者の島田青峰は作者を次のように言っています。
「居士人となり温厚寡黙、世に求めず、人と争はず。謡曲を嗜み、書技に秀づ。写生文においてはつとに一家を成せり」
作者しのはら・おんていの紹介は、2007年3月15日を参照。
(出典:島田青峰編「篠原温亭句集」、民友社、1927年刊)
・カーリング女子日本は、12チームで6位、米国に負けたのが誤算。それでも善戦を讃えたいと思います。まずは体力づくりと精神力の強化が課題ですね。スイス、カナダ、ロシアのうちで優勝が決まるでしょう。

投稿者 m-staff : 2015年03月20日 09:49

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://yasumasa.jp/nmt/mt-tb.cgi/5116