[2015年05月17日]

薔薇の園引き返さねば出口なし

津田清子(1920〜2015)

薔薇の園が夏の季語。薔薇、さうび、花ばらなども同意の季語です。
薔薇は、古くはギリシア、ローマ時代から育てられ、現在では世界中で栽培されています。ギリシアでは、ビーナスに結び付けて愛と喜びと純潔を象徴する花とされ、花嫁が結婚式で薔薇の花束を持つという風習につながるなど、西洋では薔薇にまつわる様々な風習や言葉があります。
この句は、薔薇園に入って、あまりの素晴らしさに奥へ奥へと観賞しているうちに、戻るのを忘れて、引き返さないと園内から出られなくなると言っています。
作者は、さる5月8日に95歳で逝去されました。橋本多佳子、山口誓子などに師事し、奈良にあって、「沙羅」を創刊し、代表に。後に「圭」の代表にもなりました。
作者つだ・せいこの紹介は、2007年1月6日を参照。
(出典:「ラジオ深夜便 誕生日の花ときょうの一句」NHKサービスセンター、2011年刊)
・昨日は、関内の大陶器市で連れ合いに若狭塗の月見をする兎のデザインのお箸を購入し、とても喜んでくれました。

投稿者 m-staff : 2015年05月17日 09:55

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://yasumasa.jp/nmt/mt-tb.cgi/5175