[2015年09月09日]

亡びたる城の高きに登りけり

有馬朗人

高きに登るが秋の季語。登高も同意の季語です。
9月9日は、陽数の9が重なるので重九、重陽と呼んで目出度い日とされてきました。高い丘に登って、菊花酒を飲み、不老長寿を願い、災厄を避けました。中国の古い行事で、平安時代に宮廷行事になりました。
この句は、夢の中のようですね。滅んでしまった城跡に登って往時を偲んでいます。私の住んでいる横須賀にも、衣笠城の城跡があります。1180(治承4)年、源頼朝が石橋山で源氏再興の旗揚げするときに参加した三浦一族の本拠地が衣笠城。しかし、その初戦で三浦義明は衣笠城とともに命を落とし城は攻め落とされて、いまはその城跡しかありません。春には桜の名所となります。
作者ありま・あきとの紹介は、2005年1月11日を参照。
(出典:角川春樹著「合本俳句歳時記」、角川春樹事務所、1998年刊)
・秋雨前線に台風18号が接近して各地に大雨を降らせています。今回の台風は「雨台風」ですね。浜松、名古屋で被害が出ているようです。
神奈川県も各種警報が出ています。しばらく我慢しなくてはなりません。

投稿者 m-staff : 2015年09月09日 09:26

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://yasumasa.jp/nmt/mt-tb.cgi/5292