[2015年09月21日]

土つかぬ下駄玄関に敬老日

遠藤梧逸(1893〜1989)

敬老日が秋の季語。敬老の日、老人の日も同意の季語です。
敬老の日は、去年は9月15日、今年は9月21日。シルバーウィークとして4日連続の休みになります。肝心の年寄りには行くところは墓参りぐらいですかね。敬老の日と秋分の日が近づきすぎると抹香くさくなります。
この句は、敬老の日に、玄関に土の付いていない真新しい下駄が揃えて置いてあったというだけのことですが、そこにはいろいろな意味合いが含まれますね。どなたも年を経るごとに足腰が弱るもの、せいぜい屈伸運動でもして元気でいたいと思います。
作者えんどう・ごいつの紹介は、2006年10月16日を参照。
(出典:蝸牛社編集部編「新季寄せ」、蝸牛社、1995年刊)
・ラグビーのW杯イングランド大会で南アフリカに勝った日本チームの話題で持ちきりですね。次はスコットランド、ぜひとも勝って準々決勝に行ってほしいというのが誰もの気持ち。攻めて攻めて攻めぬいてください。ところでイチローは3三振。悔しいね。

投稿者 m-staff : 2015年09月21日 09:00

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://yasumasa.jp/nmt/mt-tb.cgi/5305