[2015年10月03日]

長兄は二歳の仏栗ごはん      

成田千空(1921〜2007)

栗ごはんが秋の季語。栗飯(くりめし)、栗強飯(くりおこわ)、栗の飯なども同意の季語です。
栗ごはんは、栗の渋皮をむいて、それをそのまま炊き込む場合と栗の方は少し茹でて皮をむき、手ごろな大きさにそろえ、あらかじめ酒、醤油、塩味で炊いたご飯が吹き上がる前に入れて炊き込む場合があります。また、もち米を使ってお強に炊くこともあります。栗ごはんは、秋の季節感がいっぱいの食べ物ですね。
この句は、作者のお兄さんがわずか2歳で亡くなったことと栗ごはんの取り合わせが妙に打たれますね。
作者なりた・せんくうの紹介は、2006年3月28日を参照。
(出典:角川学芸出版編「角川季寄せ」角川学芸出版、2014年刊)
・東京ヤクルトスワローズがセリーグ優勝を14年ぶりに飾りました。去年一昨年と小川監督のもとで最下位。真中監督は小川前監督が育てた若手を上手に使って初優勝。これからの短期決戦、クライマックスシリーズ、日本シリーズが楽しみです。

投稿者 m-staff : 2015年10月03日 09:37

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://yasumasa.jp/nmt/mt-tb.cgi/5317