[2015年11月27日]

風呂吹やいづこの味噌と知らねども 

森田 峠(1924〜2013)

風呂吹(ふろふき)が冬の季語。風呂吹大根、煮大根なども同意の季語です。
熱燗で風呂吹を食べさせる居酒屋が新橋にありました。今どうしているかしら。
風呂吹は、冬場の体の暖まる家庭料理として珍重されていますね。大根を厚く輪切りにして茹でて。熱いうちに練り味噌などをとろりとかけて食べる料理です。また、米のとぎ汁を入れて茹でると、白く茹であがり、苦みも取れます。
この句は、その練り味噌がどこで作られたものかと思案しています。味噌には、白ごま、いりん、砂糖など入れて擦って、だし汁で伸ばして大根に掛けます。男の料理と言われますが、作ったことはありませんね。
作者もりた・とうげの紹介は、2006年1月19日を参照。
(出典:角川学芸出版編「角川季寄せ」角川学芸出版、2014年刊)
・横須賀は、強い北風が吹いていて、雪をかぶった富士山がくっきりと見えます。北日本や北陸では風が強まり、雨と雪が降るようです。どうぞお気を付けください。

投稿者 m-staff : 2015年11月27日 10:03

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://yasumasa.jp/nmt/mt-tb.cgi/5372