[2016年01月23日]

早梅に雲遊ぶ空ありにけり

河野友人

早梅(そうばい)が冬の季語。早咲きの梅、梅早しも同意の季語です。
横須賀では梅が咲きはじめました。その林では、紅いアロエの花が空に向かって30本ほど立っています。
早梅という種類はありませんが、日当たりの良いところの梅や気候の暖かい時にいつもより早くから咲き始めたことを言います。季節に先駆けて咲くので寒紅梅や冬至梅は早くから開花しますが、早梅は品種に関係はありませんね。
この句は、梅が早くから咲いたのを喜んでいるかのように、空の雲はまるで遊んでいるかに見えると詠っています。寒中は、花が咲いている植物が少ないので、梅の咲いている姿は尊く見えますね。
作者こうの・ゆうじんの紹介は、2007年6月4日を参照。
(出典:角川春樹著「合本俳句歳時記」、角川春樹事務所、1998年刊)
・寒いけど今日はお出かけ、調布、池袋まで。遅くなると雪が降りそうですよ。

投稿者 m-staff : 2016年01月23日 08:41

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://yasumasa.jp/nmt/mt-tb.cgi/5432