[2016年02月03日]

節分の海の町には海の鬼

矢島渚男

節分が冬の季語。節替りも同意の季語です。
今日は立春の前の日で追儺(ついな)の行事が行なわれます。節分で豆撒きをして鬼を退散させて、自らの年の数だけ豆を食べて、禍や魔を除いて新しい春を迎える行事ですね。もともと節分は年4回あり、節の変わり目でしたが、立春の前日に行われます。地方によっては「節替り」と古い呼び名を使います。立春の前日とあってどこか華やぎを感じます。
この句は、節分の行事を行っている町では、海にいるはずの海の鬼を退治せんと豆をまいていることと断じています。
作者やじま・なぎさおの紹介は、2007年11月11日を参照。
(出典:角川春樹著「合本俳句歳時記」、角川春樹事務所、1998年刊)
・元プロ野球選手の、あの清原和博氏が覚せい剤取締法違反の容疑で逮捕されました。一昨年、一部で覚せい剤の使用が報道され、その後、警視庁の捜査班はじっくりと様子を見ていたようです。プロ野球ファンとしては、やっぱり使用していたな、という残念な気持ちで一杯です。

投稿者 m-staff : 2016年02月03日 09:23

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://yasumasa.jp/nmt/mt-tb.cgi/5444