[2016年02月05日]

盆梅が満開となり酒買ひに

皆川盤水(1918〜2010)

盆梅が春の季語。梅、白梅、野梅、春告草、臥龍梅、枝垂梅、老梅、梅林、梅園なども同意の季語です。
ことわざに、「桜伐るばか、梅伐らぬばか」というのがあります。これは、桜の枝葉を切ると桜は衰弱し、梅はその反対に手入れをした方が良いというものです。梅は、手を加えることによって好みの趣向に変り、美的な興味を盛り込むことが出来ます。盆栽と鉢植えではおのずから趣向は違いますね。
この句のように、個人の精神性を具有するのが盆栽の梅です。長い年月にかけて丹精して育てたのですから、満開となれば大変うれしく感じます。そこで作者のように酒を買いに走ることになります。まことにリズムの良い句になっていますね。
作者みながわ・ばんすいの紹介は、2005年11月1日を参照。
(出典:村上 護著「きょうの一句」、新潮社、2005年刊)
・女子ジャンプW杯の第10戦オスロ大会で、高梨沙羅選手は1回目137.5m、2回目136メートルの大ジャンプを見せました。もちろん優勝。これで8連勝、10戦9勝となりました。凄いの一言。

投稿者 m-staff : 2016年02月05日 09:24

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://yasumasa.jp/nmt/mt-tb.cgi/5446