[2016年03月26日]

春あけぼの月に濡れゐる雑木山

青柳志解樹

春あけぼの(曙)が春の季語。春暁、春の朝、春の暁、春の夜明けなども同意の季語です。
この季語は、何といっても清少納言の「春は曙」が大きな役割を果たしています。暁は、夜が明けかかっていますが、まだ暗いころで、あれこれと物が見分けられ、かすかに夜が明けたころを「曙」と言い、また「朝ぼらけ」と言いました。しかしながら、今では暁と曙は区別して使っていませんね。
この句では、早暁の月光に映し出された雑木山に艶めいた美しさを見出したところに面白さがあります。いかにも幻想的で私的な表現ですね。
作者あおやぎ・しげきの紹介は、2005年10月12日を参照。
(出典:村上 護著「今朝の一句」、講談社、1995年刊)
・プロ野球開幕。カーリングの女子世界選手権、日本チームは予選で2位、今日1位のスイスとプレイオフ。厳しい戦いになりそうですね。甲子園の選抜高校野球は、1回戦を見るところ、龍谷大平安、東邦、敦賀気比の3高の力が抜きんでている印象です。

投稿者 m-staff : 2016年03月26日 09:15

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://yasumasa.jp/nmt/mt-tb.cgi/5496