[2016年04月30日]

足弱の人と犬ゆく飛花の中

榊原風伯

飛花が春の季語。落花、花散る、散る花、散る桜、花吹雪、桜吹雪、花屑、花の塵、花筏なども同意の季語です。
足が相当弱って来た男の人と老犬が桜吹雪の中を散歩しているのに遭遇しました。いつもの日課の散歩ですが、今年も無事に犬と歩むことが出来たという心境でしょうか。実景をそのまま句にしてみました。
ところで「YouTube」によるクラシックの全曲視聴は、3月のこの欄で96人目のマスカーニでした。その後、モンテヴェルディ、ラモー、ラロ、100人目はルーセル、レーガー、ロドリーゴ、ワイル、そして現在は、104人目のオルフに挑戦しています。この試みはまだまだ続きます。現代音楽の分野は、ときに騒音にしか聞こえなくて困りますね。
(出典:俳誌「炎環」、2002年7月号より)
・気象庁が1週間で落ち着くと予想していた熊本地震。14日の発生から2週間がたっても落ち着きません。新たな展開を考えなくてはなりませんね。

投稿者 m-staff : 2016年04月30日 09:06

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://yasumasa.jp/nmt/mt-tb.cgi/5531