[2016年05月23日]

むら雨や見かけて遠き花樗

加舎白雄(1738〜91)

花樗(はなおうち)が夏の季語。樗の花、栴檀の花なども同意の季語です。
樗は、関東以西の暖地の海岸に自生していますね。せんだん科の落葉高木。古くからは庭木や街路樹として植えられています。また学校や神社では大木が見られます。5月から6月にかけて、おおらかな葉を広げ、淡い紫色の小さな五弁花が集まって咲いています。樗の実は秋の季語です。
この句の「むら雨」は、叢雨、村雨とも書いて、群がって降る雨、しきりに降る雨のこと。樗の木は、高さが10メートルほどもあり、花樗を見かけても、遠くに淡々と咲いていると詠っています。ゆかしい句ですね。
作者かや・しらおの紹介は、2008年9月20日を参照。
(出典:青柳志解樹著「俳句の花(下)」、創元社、2008年刊)
・先発出場したマーリンズのイチローは4打数2安打。打率は3割8分2厘。試合はナジョナルズに負けました。ドジャースの前田投手は4点取られても勝ち負けつかず。

投稿者 m-staff : 2016年05月23日 09:31

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://yasumasa.jp/nmt/mt-tb.cgi/5565