[2016年06月04日]

高根より下りて日高し鮓の宿

河東碧梧桐(1873〜1937)

鮓(すし)の宿が夏の季語。鮨、熟鮓(なれずし)、圧鮓(おしずし)、握鮨、早鮓、一夜鮓、巻鮓なども同意の季語です。
鮓は、もともと夏の暑さの中で魚類を保存する方法を指し、魚を塩漬けにしたり、粕漬にすることを言います。季語としての鮓は、暑いころからの魚の保存方法から生まれました。
作者は、旅に親しみ、登山を好んだ俳人でした。この句は、高山の山頂を踏破して、まだ日の浅いうちに下山しました。旅の宿に
着いた後でゆっくりと鮓を味わっていますね。まことに爽快な印象の句を詠っています。
今日から歯の衛生週間。
作者かわひがし・へきごとうの紹介は、2005年3月11日を参照。
(出典:村上 護著「きょうの一句」、新潮社、2005年刊)
・大和君救出のニュースは、世界各国でも明るい出来事として報道されています。強い意志と冷静さを持っている子供ですね。いま、ダルビッシュ有投手がマリナーズと対戦、1回表は0点に抑えました。

投稿者 m-staff : 2016年06月04日 09:14

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://yasumasa.jp/nmt/mt-tb.cgi/5577