[2016年08月24日]

台風や四肢いきいきと雨合羽

草間時彦(1920〜2003)

台風が秋の季語。颱風、台風圏、台風裡、台風禍、台風の目なども同意の季語です。
今年は、台風の来るのが少ないかと思っていたら、なんと立て続けに7、8、9号が来襲しました。それもいつも台風の少ない北海道へ押し寄せるのですから、困ったものですね。
台風は空気の渦巻き、熱帯性低気圧。熱帯で発生して、北西に移動してから向きを北東に変えます。いつもの年は、8月には西日本をおそい、9月から近畿、関東を襲うことが多いのですが、今年は8月に北日本を襲っています。
この句は、台風が来る時には、消防団を中心に多くの人が雨合羽を着てたくましく活動しますね。その様子が見えてきます。
作者くさま・ときひこの紹介は、2005年7月11日を参照。
(出典:蝸牛社編集部編「新季寄せ」、蝸牛社、1995年刊)
・台風9号が北海道で温帯低気圧になり、やっと落ち着きましたね。リオ五輪、高校野球が終わり、やっと普段の生活に戻りました。大リーグ、プロ野球もペナント争いが熱くなってきます。

投稿者 m-staff : 2016年08月24日 09:08

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://yasumasa.jp/nmt/mt-tb.cgi/5665