[2016年09月08日]

鰯雲動くよ搭見てあれば

山口波津女(1906〜85)

鰯雲が秋の季語。鱗雲、鯖雲なども同意の季語です。
学名では巻積雲と呼ばれ、小さい雲片が小石のように並び集まり、規則的にさざ波のようで、白く薄く空に漂っていますね。はなればなれになっていることもついていることもあります。広がりは小さいことも全天のこともあり、高い空に出て、鰯が群れるように見えるので鰯雲、鱗のように見えるので鱗雲、鯖の斑紋のように見えるので鯖雲などと呼びます。これは雨になりやすく、鰯が良く取れると言われています。
この句のように、鰯雲は変化が激しく、塔を見ていればその動き方の激しさに気付きますね。
作者やまぐち・はつじょの紹介は、2006年6月16日を参照。
(出典:平井照敏著「新歳時記」、河出書房新社、1989年刊)
・昨日はイチローがホームラン第1号。今日は三塁打にヒット。錦織が全米テニスでベスト4。リオでパラリンピックが開幕。

投稿者 m-staff : 2016年09月08日 09:46

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://yasumasa.jp/nmt/mt-tb.cgi/5682