[2016年09月27日]

秋茄子をもぐやどこかでピアノ鳴る

加倉井秋を(1909~88)

秋茄子(あきなす)が秋の季語。秋茄子(あきなすび)、名残茄子も同意の季語です。
ことわざで「秋茄子は嫁に食わすな」とあるように、秋茄子には格別の味がありますね。秋茄子の特徴は、小粒で実がしまり、種がなくて、皮も薄く、色は紫紺に輝いています。季節の名残として愛されています。嫁に食わさないのは、秋茄子に種がないので、子ができないという説もありますね。単に茄子といえば夏の季語です。
この句は、日常の一こまを良くとらえています。秋茄子とピアノの音の取り合わせが絶妙です。
作者かくらい・あきおの紹介は、2006年1月13日を参照。
(出典:角川春樹著「合本俳句歳時記」、角川春樹事務所、1998年
刊)
・日本ハムがマジック1になりました。ここまでくるとソフトバンクの巻き返しは無理でしょうね。大谷翔平選手の喜ぶ顔が見たいものです。亡くなったホセ・フェルナンデス選手は、キューバからボートで亡命して、マイアミでボート事故、何か因縁じみていますね。

投稿者 m-staff : 2016年09月27日 09:13

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://yasumasa.jp/nmt/mt-tb.cgi/5703