[2016年11月17日]

柿落葉うつくしく紙幣値なく

山口青邨(1892~1988)

柿落葉が冬の季語。
柿の木は落葉高木で、葉がやや大きめなので、地上に散り敷いた落葉を見て、容易に柿落葉とわかります。拾ってみるととてもきれいな色をしていたり、虫に食われた穴の開いたものなど、様々で面白く感じますね
落葉には、梢の上で紅葉をしたり、あるいは黄葉して美しいものなどと、枝にある時は特に魅力を覚えなかったものが、落葉して地上にあると、目を見張るほど鮮やかなものなどがあります。
ここで作者は、柿落葉を見て、お金の紙幣に見えたというのですから、見る人の内面を吐露していて、はっとさせます。柿落葉がお金であったらいいですね。
作者やまぐち・せいそんの紹介は、2005年3月13日を参照。
(出典:平井照敏著「新歳時記」、河出書房新社、1989年刊)
・ロンドンで行われているファイナルテニスで世界5位の錦織は、世界1位のマレーに逆転負けでした。いいところまで行ったのですが、セットカウント2対1、3時間20分の熱戦は良い試合でしたね。

投稿者 m-staff : 2016年11月17日 09:47

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://yasumasa.jp/nmt/mt-tb.cgi/5760