[2016年11月23日]

すぐ寝つく母いとほしや隙間風

清崎敏郎(1922~99)

隙間風が冬の季語。ひま洩る風も同意の季語です。
襖や障子、それに窓の隙間から室内に吹き込む冷たい風を言います。従来から木造の日本家屋では隙間風が多く、火鉢や炬燵しかなかった室内では、とても寒さを感じたものですね。現在では、サッシ窓でエアコンや暖房器具の発達で部屋全体を温めるようになって、隙間風などはあまり聞かれなくなりました。しかし、物理的な隙間風と心理的な隙間風があることを忘れてはなりません。
この句は、作者の母を思う一途さが良く表現されています。
今日は、勤労感謝の日、二の酉。
作者きよさき・としおの紹介は、2006年3月16日を参照。
(出典:石 寒太著「よくわかる俳句歳時記」、ナツメ社、2010年刊)
・関東甲信越地方では、23日の夜から24日にかけて雪が降るという予報が出ました。山沿いに加えて、平野部でも積もることがあると言います。横須賀は降るでしょうか。

投稿者 m-staff : 2016年11月23日 09:20

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://yasumasa.jp/nmt/mt-tb.cgi/5767