[2016年11月27日]

美しき人美しくマスクとる

京極杞陽(1908~81)

マスクが冬の季語。
マスクと言えば、欧米人はマスクをしませんね。どうしてでしょうね。大リーグ野球の観客は、10月の地区シリーズ、リーグシリーズから11月のワールドシリーズを見ていると、寒くて衣類を着込んでいるのにかかわらず「マスク」をしている観客はいません。それに比べて日本の日常は、よくマスクをしている人を見かけます。日本でマスクが流行るようになったのは大正時代からで、冬の戸外で寒い空気を防ぎ、温かさを守るのに好適で、風邪を移さないために必要ですね。
この句のマスクを取った美人の顔を見たくなりますね。
作者きょうごく・きようの紹介は、2012年2月5日を参照。
(出典:平井照敏著「新歳時記」、河出書房新社、1989年刊)
・キューバの英雄フィドル・カストロ氏が逝去、80歳。冥界のゲバラはやっと来たかと言っているかどうか、凄い人生でしたね。合掌。

投稿者 m-staff : 2016年11月27日 09:41

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://yasumasa.jp/nmt/mt-tb.cgi/5771