[2017年01月08日]

てんでばらばらに四股踏み初稽古

鷹羽狩行

初稽古が新年の季語。稽古始も同意の季語です。
新年になって初めてする稽古を言います。柔剣道なども武術から各種スポーツ、謡曲、仕舞、舞踊、生け花、現代ではピアノ、バレーなどもレッスンもありますね。それぞれに応じて、新たな気持ちで取り組む気構えが伝わってきます。
さて、今日は、大相撲初場所初日。東京の国技館で始りますから、この句のように最終段階でしょう。「てんでばらばら」とまとまりのない稽古風景を、句またがりのまとまりの悪さで表現するのも一興。しかしながら、初稽古は進行し、俳句はきっちり定型に収まっています。内容と形式が確りとまとまり呼吸の良さを感じますね。
作者たかは・しゅぎょうの紹介は、2005年2月1日を参照。
(出典:村上 護著「今朝の一句」、講談社、1995年刊)
・スキー女子ジャンプの高梨沙羅選手は、ワールドカップ第5戦ラージヒルで今シーズン4勝目を挙げました。これで通算成績は48.3位は伊藤有希選手。男子は散々な成績ですが、女子は素晴らしいですね。

投稿者 m-staff : 2017年01月08日 09:34

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://yasumasa.jp/nmt/mt-tb.cgi/5828