[2017年01月14日]

八十の媼と遊ぶ女正月

佐野美智(1919~2013)

女正月(めしょうがつ)が新年の季語。女正月(おんなしょうがつ)も同意の季語です。
1日からの「大正月」を男の正月とするのに対して、15日を中心とする「小正月」を女の正月と呼んでいます。14日の夜は、女の年取りと呼んで、男が女の食事を全部作る地方もあり、また15日の昼夜に、女だけの酒盛りをする地方もあります。一般には、正月に忙しかった女性が、この日は家事から解放されて、年始の回礼を始めるという京阪神の風習によっています。
この句は、年賀の客などで片隅におかれていた媼(おうな)、つまりおばあちゃんの存在を思い出して、老人への日ごろの感謝がよみがえり、心優しい句の表現となっています。
今日から大学入試センター試験。天気が心配ですね。
作者さの・みちの紹介は、2007年3月8日を参照。
(出典:村上 護著「今朝の一句」、講談社、1995年刊)
・今日明日と札幌の宮の森でジャンプ女子のW杯第7戦、8戦が開かれます。高梨沙羅選手がどのような飛躍をするか楽しみですね。問題は踏み切るタイミングとお天気の状態です。

投稿者 m-staff : 2017年01月14日 09:10

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://yasumasa.jp/nmt/mt-tb.cgi/5838