[2017年02月05日]

白梅や仏を入るる経の声

飴山 實(1926~2000)

白梅が春の季語。梅、野梅、盆梅、臥龍梅、枝垂梅なども同意の季語です。
裏の武山への散歩道に、今年もしっかりと順調に白梅が咲き始めました。寒さが厳しい中でも春の足音を感じさせてくれますね。
梅は桜と並んで、代表的な春の花。百花に先駆けて咲く気品と香気の高さは他の追随を許さない花の兄、春告草。梅の原産地は中国で、国花となっていますが、日本にも自生があったという説もあります。
この句は、白梅の咲いている御堂で、誦経の声が仏と一体になっていると詠っています。
作者あめやま・みのるの紹介は、2007年6月27日を参照。
(出典:村上 護著「きょうの一句」、新潮社、2005年刊)
・スキージャンプ女子W杯第13戦がオーストリアで行われ高梨沙羅選手が優勝し、今季7勝目、通算勝利数を51に伸ばしました。
男女を通じた最多記録にあと2勝に迫りました。ケガさえなければ今季中に達成しますね。

投稿者 m-staff : 2017年02月05日 09:41

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://yasumasa.jp/nmt/mt-tb.cgi/5868