[2017年02月25日]

杉の花光り降りつつ滝細し

柴田白葉女(1906~84)

杉の花が春の季語。杉の花粉も同意の季語です。
今年も杉花粉のシーズンがやってきました。花粉症気味の私としてはつらい気分にさせられます。
スギ科の常緑高木。高さは30~40メートル。本州の山地の至る所で見かけられます。松と同様に雌雄同株で風媒花。開花してもあまり目立ちませんが、風に乗って大量の花粉を飛ばします。花粉の飛散する時期は関東、東北地方では2月から3月に当たります。杉林の周りの空は黄色に見えるほどで、かつて天城峠でその光景を見たことがあります。
この句はその光景がそのまま映し出されていますね。「滝細し」が効いています。
作者しばた・はくようじょの紹介は、2006年7月4日を参照。
(出典:平井照敏著「新歳時記」、河出書房新社、1989年刊)
・フィンランドで行われたノルディックスキーの女子ジャンプ・ノーマルヒルの世界選手権で、伊藤有希選手が2位、高梨沙羅選手が3位の成績。接戦の上位3人でしたが立派なものですね。

投稿者 m-staff : 2017年02月25日 09:10

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://yasumasa.jp/nmt/mt-tb.cgi/5891