[2017年04月21日]

馬酔木野の夕日幼な名をもて呼ばれ

丸山哲郎(1922~2008)

馬酔木野(あしびの)が春の季語。馬酔木、あせび、あせば、あせみ、花馬酔木なども同意の季語です。
散歩道で毎年楽しみにしている馬酔木が咲き始めました。
ツツジ科の常緑低木。山地に自生していますが、庭に植えたりしたり盆栽にして観賞します。高さは1~2メートル。4月ごろになると小さい壺状の花が房になって垂れています。白のほかには淡紅色の花もあります。有毒で馬が誤って食べると体がしびれ、酔ったようになるところからこの名前が付きました。
この句では、夕日で染まっている馬酔木野で作者は幼い頃の名前を呼ばれ、一気に郷愁にかられました。
作者まるやま・てつろうの紹介は、2011年11月12日を参照。
(出典:「日本大歳時記」、講談社、1981年刊)
・昨日はイチローがホームランを打ち、田中将大投手が2勝目を挙げました。イチローは狙って打ったホームラン。凄い男ですね。今年の日本人選手は、田中、ダルビッシュ、岩隈、イチロー、田沢、上原、前田の8人。多いときは16人いましたから大幅減ですね。


投稿者 m-staff : 2017年04月21日 09:40

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://yasumasa.jp/nmt/mt-tb.cgi/5966