[2017年04月30日]

道ほそき谷の休止符二輪草

榊原風伯

二輪草が春の季語。
春になると裏の武山の散歩道に二輪草が群落をなして咲きます。その近くにはゲートボール場があり、木のステックで球を叩く音がしきりにしています。
きんぽうげ科の多年草。一輪草とよく似た花で、山野の陰に自生して群生しています。4月ごろになると、葉の上から長い花梗を出して、2~3輪の白い花が開きます。二輪草は、花が2輪あるという意味ですが、必ずしも2輪ではなく、3輪、5輪もあります。二輪草は1輪の花が終わるころにもう1輪が花を開かせますね。
二輪草は、春の来たことを静かに教えてくれる密やかな楽しみの一つでもあります。
(出典:俳誌「炎環」、2015年6月号より)
・黄金週間が始まりましたね。米韓合同軍事演習は今日で終わり、その後朝鮮半島周辺は静かになるのでしょうか。

投稿者 m-staff : 2017年04月30日 09:40

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://yasumasa.jp/nmt/mt-tb.cgi/5975