[2017年05月08日]

花は葉に僧の造りし胡麻豆腐

角川春樹

花は葉にが夏の季語。葉桜も同意の季語です。
横須賀市西公園にある20本の桜がいっせいに葉桜になりました。桜の花が散り終わると、みずみずしい若葉の緑が濃くなって、若葉の美しさを見せます。花が終わり、桜しべを地面が薄赤く見えるほど落とした後の桜は、何かふっきれたかようになり、こんもりとおびただしい数の葉をつけますね。あたりには桜餅の葉と同じ葉の香りが漂っています。
この句は、鎌倉でしょうか。葉桜になった禅宗のお寺の僧侶が造ってくれた胡麻豆腐をゆったりと食べている様子が伝わってきます。胡麻豆腐は、すりつぶした白胡麻に水で溶いた葛粉を混ぜて、火にかけて練り、豆腐のように冷やし固めたものを言います。
作者かどかわ・はるきの紹介は、2005年6月18日を参照。
(出典:角川春樹著「合本俳句歳時記」、角川春樹事務所、1998年刊)
・フランスにマクロン大統領誕生。本人は39歳で奥さんが64歳、孫が7人とか。トランプ大統領のような親族政治をしないでしょうね。韓国でも大統領選挙。にぎやかなことです。

投稿者 m-staff : 2017年05月08日 09:30

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://yasumasa.jp/nmt/mt-tb.cgi/5983