[2017年05月18日]

花菖蒲ぢかに地に置く旅鞄

飴山 實(1926~2000)

花菖蒲(はなしょうぶ)が夏の季語。白菖蒲、黄菖蒲、菖蒲園、菖蒲見なども同意の季語です。
アヤメ科の多年草。野生の野花菖蒲を原種として改良された日本特産の園芸植物。花の色は、白、紫、濃紫、絞りなどがあります。江戸花菖蒲、肥後花菖蒲、伊勢花菖蒲の3系統があります。
横須賀は衣笠に「横須賀しょうぶ園」があり、14万株の花菖蒲が見られます。
この句は、作者が旅に出て、花菖蒲が美しく咲いているのを見て、普段はしない、地面に直に旅の鞄を置いてしまった、と述懐しています。それほど花菖蒲が見事であったのでしょうね。
作者あめやま・みのるの紹介は、2007年6月27日を参照。
(出典:角川春樹著「合本俳句歳時記」、角川春樹事務所、1998年刊)
・どうやらトランプ陣営とロシアとの関係は、「ロシアゲート事件」に発展しそうな勢い。トランプが大統領の間は、アメリカと仲良くしないほうがよさそうです。

投稿者 m-staff : 2017年05月18日 09:39

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://yasumasa.jp/nmt/mt-tb.cgi/5993