[2017年06月16日]

葛桜男心を人問はば

川崎展宏(1927~2009)

葛桜(くずざくら)が夏の季語。葛饅頭も同意の季語です。
夏になると冷やして食べておいしいのが葛饅頭。つい先日に頂きました。口の中に入るとひんやりして一瞬暑さを忘れます。
葛粉を水に溶いて、煮たてたのちに冷やしながら固めたお菓子。また。葛粉を皮にして作った饅頭のこと。桜の葉に包んであるものを「葛桜」と言います。
この句では、誰が食べてもうまいものはうまいと開き直るのも男心のの一つと詠っています。本句は、本居宣長の次の歌をパロディにしています。
「敷島の大和心を人問はば朝日ににほふ山桜花」
戦前に葛桜がおいしいと言えば、非国民扱いをされました。これは桜で象徴する男心でこれにより多くの若者が無駄な死を強いられましたね。
作者かわさき・てんこうの紹介は、2006年2月21日を参照。
(出典:村上 護著「きょうの一句」、新潮社、2005年刊)
・将棋のプロ棋士、中学3年生の藤井聡太四段は昨日も勝って26連勝。歴代最多の28連勝まであと2勝になりました。凄い中学生が現れました。中学生の間での「いじめ問題」がメディアによく登場しますが、そのようなことを振り払うような快挙ですね。

投稿者 m-staff : 2017年06月16日 10:00

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://yasumasa.jp/nmt/mt-tb.cgi/6024