[2017年07月01日]

扇風機籠のレモンに風送る

横山白虹(1899~1983)

扇風機が夏の季語。
今年も扇風機を使う季節になりました。住んでいるマンションは高台にあるので、夏はほとんどエアコンを使わずに済みますが、それでも気温が30℃以上なると冷風が欲しくなります。
扇風機は、3枚ほどの羽を電気でまわし、風を送る装置。汗を発散させて気化熱を取るので涼しい感じを与えますね。最近では、クーラーなどの普及が目覚ましく、夏の始め、終わりのところでは扇風機を、夏の盛りにはクーラーを利用するようになりました。それでも、バスや電車の冷房は体に応えますね。
この句は、普段見慣れている光景をさりげなく籠のレモンで表現していて好感が持てます。
今日から博多祇園山笠。祭りの期間は7月1日から15日まで。15日の「追山」で最高潮を迎えます。
作者よこやま・はっこうの紹介は、2005年1月12日を参照。
(出典:角川春樹著「合本俳句歳時記」、角川春樹事務所、1998年刊)
・今日は富士山の山開き、本格的な夏山シーズンに入りました。しかしあいにくの梅雨空で、ご来光拝むことはできないようです。世界文化遺産に登録されて4年が経ちました。安全な登山を祈ります。

投稿者 m-staff : 2017年07月01日 09:32

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://yasumasa.jp/nmt/mt-tb.cgi/6042