[2017年08月15日]

土熱く灼けゐし記憶終戦日

澤木欣一(1919~2001)

終戦日が秋の季語。敗戦日、終戦記念日、敗戦忌、八月十五日なども同意の季語です。
1945(昭和20)年のこの日、日本はポツダム宣言を受託して、終戦の詔勅が天皇から宣布されて第2次世界大戦が終了しました。敗戦の日として、その体験を後世に伝え、二度と再び同じ過ちの起こらぬように戒めるために設けられた記念日。各地で戦没された方々に対する追悼の催しが行われます。
この句は実際にその日を体験した記憶で、ただもう大地が灼けているだけととらえています。
今日は、月遅れの盆。
とりかえすすべなし八月十五日  風伯
作者さわき・きんいちの紹介は、2005年3月8日を参照。
(出典:「日本大歳時記」、講談社、1981年刊)
・今日の甲子園は雨で野球は順延。お盆のUターンラッシュは今日がピーク。高速道路は渋滞が30~40キロになりそうで、無事に家に帰りつくまでが大変ですね。どうぞ気を付けてお帰りください。

投稿者 m-staff : 2017年08月15日 09:21

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://yasumasa.jp/nmt/mt-tb.cgi/6100