[2017年08月25日]

コスモスなどやさしく吹けば死ねないよ

鈴木しづ子(生没年不詳)

コスモスが秋の季語。秋桜、おほはるしやぎくも同意の季語です。
キク科の1年草。一見弱弱しげな花ですが、性質は丈夫でどこにでも育つ花ですね。
作者は、戦後まもなく俳句界に出現、奔放な作風で異色中の異色の人と評判になりました。1946(昭和21)年に句集「春雷」を発表し好評を得、その後、第2句集「指輪」の奔放な句によって俳壇にセンセーションを巻き起こしました。実生活では結婚に失敗してから乱れ、最後は米軍基地のある岐阜のナイトクラブでダンサーをしているときに、本国に妻子のある黒人兵と恋に落ち、恋人は朝鮮戦争で戦死、彼女は後を追って亡くなりました。
この句は、周りの人の無理解の中で、恋に一途な愛を貫く女の意地を感じますね。
この句は、1952(昭和27)年刊行の「指輪」に所収されています。
作者すずき・しづこの紹介は、2016年4月29日を参照。
(出典:大岡 信著「第八 折々のうた」、岩波新書、1990年刊)
・今日は北朝鮮の「先軍節」。今は米韓合同軍事演習中ですから、北朝鮮の軍事挑発が心配ですね。日本は、トランプ大統領と金委員長の間に立って、空を見上げるしかありませんね。

投稿者 m-staff : 2017年08月25日 09:50

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://yasumasa.jp/nmt/mt-tb.cgi/6110