[2017年09月18日]

敬老日とは煮小豆をことことと

及川 貞(1899~1993)

敬老日が秋の季語。敬老の日、老人の日、年寄りの日なども同意の季語です。
本人はその気持ちが無くても、私も75歳になりましたから間違いなく老人の域に達しましたね。
敬老の日は9月14日で、昭和26年から始まり、昭和41年には国民祝日になりました。毎年振替休日とやらで今年は18日、有難みも少し薄れます。趣旨は多年にわたり社会に尽くしてきた老人を敬愛し長寿を祝う日。この日は老人の福祉や敬老に関する啓もうについて考え実行する日とされています。
この句の作者はそのようなことにお構いなく台所で小豆を煮て夕食の準備をしています。普段の日常の一こまが心に沁みますね。
作者おいかわ・ていの紹介は、2005年8月22日を参照。
(出典:「日本大歳時記」、講談社、1981年刊)
・お騒がせの台風18号は、北海道に上陸しそうな勢い、まだ予断を許しません。さて国会解散の様子。衆議院を解散するよりは、安倍首相の退陣する方が先でしょう。

投稿者 m-staff : 2017年09月18日 09:04

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://yasumasa.jp/nmt/mt-tb.cgi/6143