[2017年09月22日]

買うて来し秋の七草淋しけれ

高橋淡路女(1890~1955)

秋の七草が秋の季語。
春の七草に対して秋の七種の草。萩、芒(尾花)、葛、撫子、女郎花、桔梗、藤袴。「万葉集」の山上憶良の歌には桔梗の代わりに「朝顔」が入っていますね。
「芽子(はぎ)の花尾花葛花撫子の花女郎花また藤袴朝顔の花」
いずれも薬用や食用などにおいて古人の生活と深くかかわってきた草花で観賞用、実用の面から選ばれたものと思われます。
この句は、スーパーででも買ってきた秋の七種の勢いのなさが淋しく感じると詠っていますね。
作者たかはし・あわじじょの紹介は、2006年6月4日を参照。
(出典:平井照敏著「新歳時記」、河出書房新社、1989年刊)
・日本は、アメリカの同盟国ならば、もっと毅然とした態度で安倍首相はトランプ大統領に対してほしいですね。媚びへつらっているようにしか見えません。

投稿者 m-staff : 2017年09月22日 09:13

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://yasumasa.jp/nmt/mt-tb.cgi/6147