[2017年09月24日]

ままごとの中の虚と実赤のまま   

後藤比奈夫

赤のままが秋の季語。赤のまんま、犬蓼の花、赤まんまなども同意の季語です。
野や道端のどこにでも見られるタデ科の1年草。丈は30センチほど。秋に紅紫色の穂状の花を咲かせます。「赤のまま」「赤のまんま」と呼ぶのは、粒々に見える赤い花が祝事に多く用いられる赤飯に似ているところから付けられました。女の子のままごと遊びに登場します。
この句でもそのままご遊びでの虚と実を見事に句に仕立てていますね。
作者ごとう・ひなおの紹介は、2005年3月23日を参照。
(出典:宇多喜代子他編「日本の歳時記」小学館、2012年刊)
・どこの国でも軍人は戦いを起こしたくてうずうずしています。米国の爆撃機が北朝鮮沖の国際空域を飛行しています。原子力空母も日本海に出るとか、一触即発の状態ですね。

投稿者 m-staff : 2017年09月24日 09:56

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://yasumasa.jp/nmt/mt-tb.cgi/6149