[2017年10月20日]

秋雨や線路の多き駅につく

中村草田男(1901~83)

秋雨が秋の季語。秋の雨、秋霖(しゅうりん)、秋黴雨(あきついり)なども同意の季語です。
10月ごろは、春雨と同じように、夏、冬の季節風が交代する時期に当たり、定まった風のない状態のところへ、所々に低気圧が生まれ、そのため曇りがちで小雨の降るような日が続きます。じとじとして梅雨のように降り続くことから秋霖、秋黴雨とも言いますね。
この句の「線路の多い駅」とは、交通のターミナルとして乗降客の多い駅で、それにつれて多くの線路が集まっているところでしょうか。そこに秋の雨がしとしとと降っているとあれば、気持ちはわびしくなりますね。
今日は、皇后美智子さま83歳の誕生日。
作者なかむら・くさたおの紹介は、2005年1月23日を参照。
(出典:平井照敏著「新歳時記」、河出書房新社、1989年刊)
・あと1勝に迫ったダルビッシュ、前田のドジャースがナショナルリーグで優勝するかどうかの日。田中のヤンキースは、明日にも優勝がなるかどうか。アメリカのプレイオフも佳境に入ってきましたね。

投稿者 m-staff : 2017年10月20日 09:40

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://yasumasa.jp/nmt/mt-tb.cgi/6176