[2017年11月13日]

山茶花が散る冬の地湿りの晴れ

河東碧梧桐(1873~1937)

山茶花が冬の季語。茶梅(さざんか)、姫椿も同意の季語です。
山茶花は小春日和に似合う花ですね。ツバキ科の常緑小高木。原種は白いひなびた花。九州や四国などでは自生しています。観賞用に庭に植えられているのは、ほとんどが園芸種で種類も多くあります。椿に似ていますが葉が細く、鋸歯があり、枝に褐色の毛でおおわれています。椿よりも繊細で清楚な趣が見られます。また、椿のように落花せずに花弁が散ります。色は、白色、紅色、淡紅色のほかに、絞りや八重咲もありますね。
この句は、地面が湿っていて晴れている冬夜の天の川が出ているそばで山茶花が散っているのが見えると詠っています。いささか幻想的な光景ですね。
作者かわひがし・へきごとうの紹介は、2005年3月11日を参照。
(出典:角川春樹著「合本俳句歳時記」、角川春樹事務所、1998年刊)
・イラクとの国境に近いイラン西部でM7.3の大地震。多くの家屋が倒壊して死者も100人以上、今後どれだけ被害が広がるか心配されます。地震活動の活発な地域で過去にも大被害が出ています。

投稿者 m-staff : 2017年11月13日 09:34

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://yasumasa.jp/nmt/mt-tb.cgi/6206