[2017年11月18日]

隅田への近道とりぬ酉の市

池内友次郎(1906~91)

酉の市が冬の季語。お酉様、一の酉、三の酉、酉の町、熊手市、おかめ市なども同意の季語です。
今日は、二の酉。今年の一の酉は、6日、三の酉は30日。
酉の市は、昔は酉の町とも言い、11月の酉の日に鷲(大鳥)を祭る神社で行われる祭礼。東京浅草の鷲(おおとり)神社が有名で、お酉様と呼ばれ開運・商売繁盛の神様として庶民に親しまれています。三の酉はおおむね2年に1回で、三の酉まである年は火事が多いと言われています。当日はおかめなどの飾りをつけた熊手を売る店が目立ち、賑わいますね。新宿の花園神社で見たことがあります。
この句は、その酉の市を見るのに隅田川沿いに近道を取って見に行ったことを伝えてくれます。
作者いけうち・ともじろうの紹介は、2007年3月7日を参照。
(出典:「日本大歳時記」、講談社、1981年刊)
・今日は横浜で句会。それといささか早い忘年会。天気が悪そうですね。

投稿者 m-staff : 2017年11月18日 08:40

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://yasumasa.jp/nmt/mt-tb.cgi/6214