[2017年11月20日]

笑はせておのれもわらひ十夜僧

河野静雲(1887~1974)

十夜僧(じゅうやそう)が冬の季語。十夜、十夜法要、お十夜、十夜寺、十夜粥、十夜婆なども同意の季語です。
浄土宗の寺で行う十日十夜の念仏法要のこと。陰暦10月5日夜から15日朝行われます。その間に法話がなされますが、人を笑わせ自分は笑わないのが妙手と言われます。しかし、この句にある僧は、法話が下手でも愛すべき人の良さを感じます。あるいは作者の自画像かもしれません。ちなみに「落語」は法話から派生したと言われていますね。
作者こうの・じょううんの紹介は、2008年4月2日を参照。
(出典:村上 護著「今朝の一句」、講談社、1995年刊)
・アジアプロ野球チャンピオンシップで日本が韓国に勝って初代チャンピオンになりました。稲葉ジャパンの采配は、おたおたしているところもありましたが、まずは合格。選手に助けてもらったと言わなくなる日がいつ来るか、楽しみです。

投稿者 m-staff : 2017年11月20日 09:53

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://yasumasa.jp/nmt/mt-tb.cgi/6217