[2017年12月25日]

クリスマス馬小屋ありて馬が住む

西東三鬼(1900~62)

クリスマスが冬の季語。降誕祭、聖誕節、聖樹、聖菓、クリスマス・ツリー、サンタクロースなども同意の季語です。
今日は、キリストの誕生日。前の夜をクリスマス・イブ、聖夜と言います。キリストが生まれたのは夜ですが、その年月日は定かではありません。ローマ教会はコンスタンチン帝のころから12月25日を降誕の日にしています。この日はローマの異教徒たちが太陽を拝む、「冬至の祭」の日でしたが、正義の太陽であるキリストの誕生日として祝ったのです。日本では、にぎやかに人々の交歓をする日にすり替わっていますね。
この句は、キリストが生まれたのは馬小屋という言い伝えをもじっています。あたかも生物は、みな平等と言っているかのように見えますね。
作者さいとう・さんきの紹介は、2005年1月18日を参照。
(出典:蝸牛社編集部編「新季寄せ」、蝸牛社、1995年刊)
・競馬の有馬記念は、キタサンブラックと武騎手の人馬一体、天馬空を駆ける姿を見せてもらいました。本当にすごいレースでしたね。圧倒的な一番人気を無事乗り切った武騎手の笑顔が印象的でした。これでキタサンブラックは引退。北海道の牧場で余生を楽しんでください。

投稿者 m-staff : 2017年12月25日 09:34

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://yasumasa.jp/nmt/mt-tb.cgi/6259