[2018年01月13日]

千両の実のいちいちに寒没日

斉藤 玄(1914~80)

千両の実が冬の季語。千両、実千両、仙蓼なども同意の季語です。
この正月は、家の中の玄関、居間、厠の花瓶に赤い実と緑の葉っぱが並んでいます。
センリョウ科の常緑小低木。暖地の木陰などに生え、盆栽や庭園にも植えられています。夏に黄緑色の小花をたくさんつけ、冬になると小さな果実が珊瑚色に熟します。野鳥の啄んだ実は、あちこちに新しい芽を吹かせます。縁起の良い名前の通り、正月の切り花としてなくてはならものですね。
この句では、千両の実のそれぞれに、「寒没日(かんいりひ)」が、寒の入日の当たっている様子が伝わってきます。
今日と明日は、大学入試センター試験。
作者さいとう・げんの紹介は、2005年9月27日を参照。
(出典:角川春樹著「合本俳句歳時記」、角川春樹事務所、1998年刊)
・ニューヨークの株式市場のダウ平均株価は2日連続200ドル以上値上がりして最高値を更新しました。それを聞いて「大きな子供の大統領」は、にんまりしていることでしょうね。

投稿者 m-staff : 2018年01月13日 09:56

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://yasumasa.jp/nmt/mt-tb.cgi/6279