[2018年01月31日]

肩にかつぐ笹に麩菓子や初不動

榊原風伯

初不動が新年の季語。
1月28日は裏の武山不動院の初不動。三浦不動尊第一番に位置し、正式名は龍塚山持統寺武山不動院、宗派浄土宗。
由来を調べてみると1393(応永4)年、奈良東大寺の沙門、萬務阿闍梨が武山南麓の小庵に泊まった時に、不動明王の霊験を感じ、彫刻したのが現在のご本尊。その後、1683(天和3)年に修験僧讃与見随が南麓の庵から現在の山頂へ移安しました。武山の高さは、約200メートル。
幕末には、ペリー艦隊の黒船を見に、江戸から多くの人々が武山に登ったと言われています。
毎年1月28日には参道に露天商が並び、家内安全、航海安全を願って参詣客が集います。
この句では、笹に魚の形をした麩菓子を肩に担いで山から下りてくる参詣客を詠ったものです。
(出典:俳誌「炎環」、2007年4月号より)
・今夜、日本では3年ぶりの皆既月食。午後9時51分ごろ、月全体が地球の影に入り、皆既月食の状態になります。この状態は1時間17分続きます。余裕のある方はご覧になるといいですね。

投稿者 m-staff : 2018年01月31日 10:03

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://yasumasa.jp/nmt/mt-tb.cgi/6305