[2018年05月08日]

玄関に出でたる蟇を叱りけり

岡井省二(1925~2001)

蟇(ひき)が夏の季語。蟇(ひきがえる)、がまがえる、蝦蟇(がま)なども同意の季語です。
蛙の一種で体長が12センチの大形。後肢が短いために跳躍ができません。その字はのっそりと動きの鈍い姿を暗示しています。昼間は家の床下や庭の草などに隠れていて夕方なると出てきます。普通の生活人から見ると、昼夜がひっくり返った行動をします。外形が気味の悪く見えますが、何となく愛嬌があり、声は陰鬱で悲しく聞こえます。
この句では、作者がそのことを世間体が悪いと叱ったのかもしれませんが、またこれは自身に対する叱正かもしれませんね。
作者おかい・しょうじの紹介は、2011年6月18日を参照。
(出典:村上 護著「きょうの一句」、新潮社、2005年刊)
・黄金週間が終わって天気の悪い日が続いています。今日は大谷選手の試合は無く、明日はコロラド・ロッキーズと対戦します。このまま行けば彼はアメリカンリーグの新人王になることでしょうね。

投稿者 m-staff : 2018年05月08日 10:18

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://yasumasa.jp/nmt/mt-tb.cgi/6410