[2018年05月16日]

海に傾く丘一面の立藤草

杉本雷造(1926~2003)

立藤草(たつふじそう)が夏の季語。ルピナス、昇り藤なども同意の季語です。
立藤草よりもルピナスの名前の方がよく使われていますね。
マメ科の多年草。南欧をはじめ世界各地で栽培されていて、その種類は300種とも言われています。日本へは大正時代に渡来して庭や花壇に栽培されるようになりました。寒さに強いのが特徴で、東北、北海道,信州などでよく見られます。60~70センチの直立した花穂に、藤に似た花をびっしりつけます。花の色は、ピンク、白、紫、黄などがあります。
この句では、海に面して傾いた丘の上にたくさんの立藤草が地面からつんつんと咲いている様子が伝わってきますね。
作者すぎもと・らいぞうの紹介は、2006年1月18日を参照。
(出典:青柳志解樹著「俳句の花(上)」、創元社、2008年刊)
・カブスのダルビッシュがブレーブス相手に3回まで1対0で勝っています。さてどうなることやら。大谷選手は2番DHで先発出場。1番がトラウト、2番が大谷の新打順。面白そう。

投稿者 m-staff : 2018年05月16日 09:49

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://yasumasa.jp/nmt/mt-tb.cgi/6419