[2018年05月21日]

いちはつの花すぎにける屋根並ぶ

山口誓子(1901~94)

いちはつ(一八)が夏の季語。鳶尾草(いちはつ)、こやすぐさなども同意の季語です。
いちはつは、農家の庭や屋敷の内によく無造作に咲いていることが多く、丈夫でよく繁殖しています。
アヤメ科のの多年草。昔は、防火、防風の厄除けのためにわら屋根に植える風習がありました。葉は、光沢がなく、幅広い剣状をしています。藤紫の地色に濃い斑点があり、その下に白い鶏冠に似た突起のある花を開きます。アヤメ科の中では一番先に花が開くので、一初草が「いちはつ」になったと言われています。
この句では、いちはつの花が咲いた後の屋根が行儀よく並んでいるよ、と詠っていますね。
今日は、小満。万物しだいに長じて天地に満ち始めるという意味。
作者やまぐち・せいしの紹介は、2005年1月24日を参照。
(出典:蝸牛社編集部編「新季寄せ」、蝸牛社、1995年刊)
・今朝野球は、ダルビッシュがやっと初勝利、1勝3敗。大谷選手は好投でチームの連敗を5で止めました。これで4勝1敗、素晴らしい活躍ですね。

投稿者 m-staff : 2018年05月21日 09:16

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://yasumasa.jp/nmt/mt-tb.cgi/6424