[2018年06月18日]

花あげて流れ藻となり行きにけり

下村梅子(1912~2012)

花あげて流れ藻が夏の季語。藻の花、花藻も同意の季語です。
青い藻の間に浮かんでいる白い花の、水にゆらめく様子はいかにも夏らしく涼しさを感じますね。藻の花が見られるのは、水のきれいな川、または灌漑用水、湧水池などに咲いています。淡水藻は、春に水底から茎や葉を伸ばし、夏には水面に出て、葉の間に白または淡い黄緑色花をつけます。淡水藻には、松藻、梅花藻、房藻、黒藻などがありますね。
この句では、藻の花が川をひたすら流れている光景をとらえています。
作者しもむら・うめこの紹介は、2006年12月3日を参照。
(出典:青柳志解樹著「俳句の花(下)」、創元社、2008年刊)
・今朝7時58分に、大阪を中心に大きな地震がありました。大阪北部、震度6弱、M6.1。震度の深さは約10キロ。各地で火災やけが人が出ているようです。大阪府内で震度6弱の揺れを観測したのは、統計を取り始めた大正12年以来初めてだそうです。被害が大きくないように祈ります。

投稿者 m-staff : 2018年06月18日 09:51

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://yasumasa.jp/nmt/mt-tb.cgi/6454