[2018年07月04日]

噴水の力ゆるめばやや青む

岡本 眸

噴水が夏の季語。噴上げ、吹上げ、噴泉、ふき水も同意の季語です。
噴水は、公園や庭園の池などで見られる水を噴き上げる装置。また、その噴き上げられた水を指します。噴水から噴き上げられた水の姿は様々で、高さや水量の調節、時間差による変化、噴き上げ口の数や形などによって色々な工夫がされており、中でも横浜の山下公園の噴水は、いつも多くの人がその姿に感嘆の声を上げていますね。噴水は1年中ありますが、噴き上がる水、落下する水、飛び散る飛沫、ときに虹がかかったりする様子が夏の季語とされています。
ここでは、その噴水によって生まれる虹の青さを取り上げていますね。
今日は、アメリカの独立記念日。トランプの顔がテレビに映るとすぐにチャンネルを変えています。
作者おかもと・ひとみの紹介は、2005年4月14日を参照。
(出典:平井照敏著「新歳時記」、河出書房新社、1989年刊)
・エンジェルスの大谷選手が約1か月ぶりに復帰します。今日のシアトルマリナーズ戦に6番・指名打者で先発出場。元気のないチームに活を入れられるでしょうか。現在アメリカンリーグ西部地区の4位。

投稿者 m-staff : 2018年07月04日 09:55

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://yasumasa.jp/nmt/mt-tb.cgi/6470