[2018年07月15日]

柴折つて焚きし飯食ふ裸子と

細見綾子(1907~97)

裸子(はだかご)が夏の季語。裸、素裸、丸裸、裸身、真つ裸なども同意の季語です。
夏は、暑さをしのぐために、衣服を脱いで、裸になることの多い季節ですね。裸になること自体は夏には限りませんが、季語としては、暑さをしのぐためになる裸を指しています。
この句は、飾らない普段の生活を日常に使う言葉で表現しています。作者は43歳で初めて子供を設けました。その子供へのありようは、若い母親とは違ったものがあったのかもしれませんね。
この句の作られた時期は戦後まもなくで、赤ん坊のために、柴を折って、薪として炊飯をしている庶民の生活の一端が見えてくるようです。
作者ほそみ・あやこの紹介は、2005年3月19日を参照。
(出典:村上 護著「今朝の一句」、講談社、1995年刊)
・W杯サッカー3位決定戦は予想通り。ベルギーがイングランドを2対ゼロで下しました。あとは優勝決定戦。クロアチアに勢いがありますが、フランスの勝ちと予想しています。今日も猛烈な暑さ、熱中症に警戒を!

投稿者 m-staff : 2018年07月15日 09:42

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://yasumasa.jp/nmt/mt-tb.cgi/6483