[2018年07月20日]

土用鰻店ぢゆう水を流しをり

阿波野青畝(1899~1992)

土用鰻が夏の季語。
今日は、土用、土用の丑の日。暦の上では、立夏、立秋、立冬、立春の前18日を土用と言います。土用鰻は、夏の土用の丑の日に、鰻を蒲焼にしたものを指します。夏は体力が衰えるので活力源の食べ物として古くから鰻が良いと言われてきました。土用の丑の日に食べるという習慣は江戸時代からと言います。鰻が最もよく取れるのは夏で、現在では養殖が発達していますが、天然物は高価で高級化していますね。
この句では、確かに鰻屋さんの店内では、お店中に水を流しているような印象がありますね。東京・日本橋の鰻の有名店の裏口で鰻を串にさばいている店員さんたちを思い出しました。
作者あわの・せいほの紹介は、2005年4月21日を参照。
(出典:角川春樹著「合本俳句歳時記」、角川春樹務所、1998年刊)
・熱中症に厳重警戒中。命にかかわる危険な暑さ。ご注意を。
エンジェルスの大谷選手が右ひじの靱帯回復で投球練習開始。大リーグを面白くしてください。

投稿者 m-staff : 2018年07月20日 09:40

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://yasumasa.jp/nmt/mt-tb.cgi/6488