[2018年09月06日]

コスモスのゆれかはしゑて相うたず

鈴鹿野風呂(1887~1971)

コスモスが秋の季語。秋桜、おおはるしゃぎくも同意の季語です。
秋の風に吹かれて揺れている様子は「秋桜」の名前にふさわしい存在ですね。キク科の1年草。メキシコ原産。明治の中期に渡来して以来各地で栽培され、野生化したものもあります。秋の代表的な花で名勝地が各地にあります。高さは1~2メートル。枝を多く分け羽状の葉を対生させ、枝の先の花には、紅、ピンク、白などの一重咲き、また八重咲もありますね。台風が過ぎ去っても、風で折れたところから再生します。
作者はコスモスという花の性質をよく捉えていますね。花が風に揺れていても花同士はぶつからずにそれに耐えています。
作者すずか・のぶろの紹介は、2018年7月17日を参照。
(出典:青柳志解樹著「俳句の花(下)」、創元社、2008年刊)
・台風21号の被害の修復もままならぬうちに、今朝方、北海道の胆振地方を中心に大きな地震がありました。これにより北海道全域約295万戸が停電、社会的に大きなダメージを与えました。次から次へ今年はいろんなことが起こりますね。

投稿者 m-staff : 2018年09月06日 09:33

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://yasumasa.jp/nmt/mt-tb.cgi/6543